ごあいさつ

弊社が電子出版の拠点のため東京本社を開設してから1年が経ちます。これまで、「電子書籍」は、従来の紙の世界である「書籍」という文字が入っているものの、出版業界にとって未知の 媒体でした。そこにICTの分野からシステムやソフトウェアのノウハウを持つ企業が多数参加し、昨年は「電子書籍元年」などと呼ばれました。 しかし、ICTベンダーは出版業界の事情とそこにある現実をうまく理解できなかったり、コンテンツのプロである出版社と技術のベンダーが合致して仕事をするということがなかなかこれまで成功していないのが実情です。

そんな中、弊社はアナログとデジタルの架け橋ができる数少ない企業として皆様のお手伝いをさせていただきました。
それは、出版とICTという2つをまたがったプロだからだといえます。

私は、コンピュータ、出版、コンテンツ配信について幸か不幸かいつも変革期にいました。

まず、大学在学中に、Windows95やLinux、FreeBSDなどが出現し、これまで数百万円するワークステーション上で行っていた開発が、数十万円のPCでできるようになりました。
次に、社会人1年目で入社した出版社では、専用組版のシステムから安価なDTPへの移行が始まり、制作フローも変りました。デジタル素材が流用できるよ うになったことで、出版社の中でもいち早くデジタル著作物の再利用について任され、それまで印刷所に保管されてあった組版データを版元で管理することに従 事しました。社内ではまだフィルム検版、ストリップ修正、版下づくりのフローが残っている時代でした。
さらに、次に創業を手伝ったベンチャー企業では、iTunesStoreが日本に上陸し、音楽配信を通じて、それまでなかった配信システムの構築とコン テンツ契約の雛形、ルールを作りました。海外の顧客との取引も始まり、海外の著作権事情や著作物にかかわる税務、音楽業界のルールを覚え契約書をワールド ワイドにすることは新しい挑戦でもありました。

そして、昨年の電子書籍元年。出版社で働き、超アナログといわれる世界を理解し、さらにコンテンツの配信システムとフロー、流通業界事情に通じ、やっと電子書籍というものが見えてきたと思っています。

私は、大学院で情報工学を学んでいるので、初対面の方からは、「デジタルな人」と思われがちですが、出版社でほとんど毎日紙に赤ペンで校正指示を入れる という超アナログな編集に従事していました。そこには、パソコンはメールを読むのと原稿を流し込むといったことくらいでしか使わず、毎日コンテンツの本体 である文章との格闘がありました。 ですから、技術にのらない編集者の汗やこだわりは誰よりも理解できます。

弊社の社員は、私だけでなく全員にこのような2つの領域に架け橋ができる者を目指しています。
ともすれば技術のみが取り上げられて語られがちな「電子書籍」ですが、弊社は2つの領域のプロフェッショナルとして、このことを自負し、デジタル時代に表現することのお手伝いをさせていただきます。

2011年1月
代表取締役 山本幸太郎

企業理念

想隆社は、企業理念を具体化するものとして、次の6か条を定めます。

  • 楽しいことをしていれば結果はついてくる。
  • いいものを作っていれば、評価してくれる人が必ずいる。
  • 自分の創作物が、過去にも先にも世界のどこにも他にない、ただ一つであると信じることができる。
  • 時の風雪に耐えうるものをつくる。
  • 自分の限界を設定しない。
  • 可能性を信じる。

役員紹介

取締役会長 伊藤裕太

伊藤裕太1955年名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
パイオニア、Apple、ディズニー、GEなどに勤務後、2004年日本ポラロイド社長、2007年、米国ポラロイド上席副社長。2010年日本ビクター社長。
現在、フロンティアーズ代表取締役社長兼CEO、フロントランナー代表取締役など。
東北芸術工科大学客員教授、早稲田大学理工学術院非常勤講師、明治大学講師など。音楽プロデューサーでもある。

代表取締役社長 山本幸太郎

山本幸太郎1976年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院在学中に教育の重要性を痛感し、進路を変更して、教育系出版社に就職。マルチメディア教材の企画開発、理科教材編集を経験する。
出版社勤務後、ベンチャー企業のCTO,取締役等を経てデジタルコンテンツの技術的支援およびコンテンツの知的財産権の管理などを学ぶ。
2010年より想隆社代表を務める。明治大学サービス創新研究所客員研究員。
尊敬する人物はフェルマー予想を証明した数学者のアンドリューワイルズと結核撲滅に尽力した医師の山本樵男。

講演実績
2014年6月25日
電子出版制作・流通協議会 教育ICT研究会の座長を務めることになりました。第1回は「学術書を大学から発信する ー電子出版を使った新しい形の情報発信ー』と題してお話をいたしました。
2013年2月7日
JAGAT(公益社団法人日本印刷技術協会)主催の展示会page2013において、テーマは「電子書籍ビジネスの現状と今後の課題」-『音声読み上げ電子書籍の効果と可能性』について講演いたしました。
2012年5月22日
JEPA第10回 EPUBセミナー~EPUB3を作る~にて、「EPUBでアクセシビリティーを考える – 音声読み上げ機能をSMILで実装する」について講演をいたしました。
2012年1月20日
新世代デジタル教育研究会で「著作権について考える」についてパネリストとして参加し、Ustream放送がアップされています。
2012年1月16日
中央大学商学部で講義をおこない、Ustreamでも配信されました
2011年12月13日
弊社代表山本が、電子出版制作・流通協議会にて「電流協セミナー EPUB制作の現状報告」と題して、EPUBの制作の実際について講演しました。
2011年12月2日
弊社代表山本が、JEPA日本電子出版協会の特別定例会にて「JEPAビジネスマッチングサイトの解説と、利用方法」について解説しました。
2011年7月21日
iPress主催のセミナーにて「ここまで可能になる、ePubによる電子書籍制作環境と縦書き閲覧環境  ~epubも含むあらゆる文書管理のために必要なこと、中央大学事例も交え て~」 と題して講演しました。
2011年7月29日
日本書籍出版協会主催のセミナーで弊社代表山本が講演、「電子書籍契約の留意点-エージェント契約とホールセラー契約について」と題して解説いたしました。

執筆活動
2014年11月
電子図書館・電子書籍貸出サービス』調査報告2014に寄稿しました。
2011年4月21日
OnDeckを再編集した雑誌「電子出版への道」が発行されました。
2010年12月22日
OnDeck創刊号に記事を寄稿しました。無料で閲覧できます。Ondeckは日本発のEPUBによる雑誌です。弊社代表山本が制作サイドの実践的なノウハウ、入門について執筆しております

会社概要

商号
有限会社 想隆社
役員
代表取締役 山本幸太郎
取締役 伊藤裕太
顧問
阪井和男(明治大学教授、サービス創新研究所所長)
資本金
800万円
株主
株式会社フロンティアーズ
山本幸太郎
設立
2000年4月3日
所在地
本社 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学グローバルフロント7階 407F 
香川支社 〒764-0014 香川県仲多度郡多度津町本通1-8-1
電話番号等
電話番号(代表): 03-5244-5810
FAX:03-5244-5813
事業内容
  • 電子出版等デジタルコンテンツの配信プラットフォーム・システムの開発・販売
  • 電子書籍コンテンツの作成、電子書籍の管理システム開発
  • 電子書籍の販売
  • デジタルコンテンツの管理・契約に関するコンサルティング
  • 出版
取引先銀行
東京三菱銀行 新副都心支店
西武信用金庫 北新宿支店
香川銀行 多度津支店
所属団体
日本電子出版協会(JEPA) 正会員
東京商工会議所 会員
電子出版制作・流通協議会(AEBS) 正会員
主要取引先
APPLE Inc
Amazon(US)
Kobo Inc
学校法人 文化学園
中央大学
明治大学
一般社団法人 日本私立大学連盟
一般社団法人日本技術者教育認定機構(JABEE)
電子出版制作・流通協議会
モリサワ
インフォシティー
ボイジャー
リイド社
丸善出版
三省堂書店
ナカバヤシ株式会社
伊藤忠記念財団
他  
グループ会社
株式会社フロンティアーズ
株式会社フロントランナー
株式会社ロノフデザイン
株式会社デバイスタイルホールディングス

沿革

2000年04月
教材会社 有限会社Sネットとして創業(本店:香川県多度津町)
2010年01月
山本幸太郎が代表取締役就任。想隆社に社名変更。ソフトウェア開発、電子書籍事業を主軸とした事業展開を図る。
2010年07月
東京オフィス開設。主たる事業の中心を東京に移す。
2011年02月
電子書籍配信システム『ドキュメントコンテナ』を発表。日経産業新聞に記事掲載。
2012年03月
TTS機能付きEPUB制作サービスを開始。
2012年07月
株式会社フロンティアーズと業務提携。同代表取締役伊藤(元日本ポラロイド社長、元日本ビクター社長)が想隆社の取締役会長に就任。資本金を800万円に増資。
2012年08月
本店を東京都新宿区に移転。
2013年03月
総務省コンテンツ緊急電子化事業 において500冊以上の電子化を制作。2012年から1年半でトータル約8000冊の電子書籍(EPUB,.book,XMDF)制作を行う。

2013年07月国際電子出版EXPOに単独出展。6月より香川県まんのう町図書館(公共図書館)が日本国内で二十数例しかない電子図書館を開設。弊社のプラットフォームが採用される。2014年11月本店を東京都千代田区の明治大学リエゾンラボラトリー内に移転。2015年6月想隆社として第7期を向かえる。

アクセス

 

本社〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学グローバルフロント7階 407F[Googleマップで見る]

弊社は、2014年より明治大学内にある産官学連携の支援及び研究成果を活用した起業支援を行う施設内(明治大学研究成果活用促進センター)に本店を構えています。デジタル教科書、次世代の出版、教育ICTシステムなどについて
明治大学と協力して研究開発を進めています。(なお弊社は明治大学出身者によるベンチャーではりません。)

研究成果活用促進センター施設(リエゾンラボラトリー)という明治大学の中の施設内にあります。

  • JR中央線 中央線 総武線 御茶ノ水駅 徒歩5分
  • 地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅駅 徒歩7分
  • 地下鉄神保町 徒歩10~15分

JR中央線 御茶ノ水駅からの道順

  1. JR御茶ノ水駅 御茶ノ水口改札を出て、横断歩道を渡り、左側へ神保町方面に向かいます。
  2. 右手にナポリの下町食堂というお店の角を右に曲がります。
  3. 1階にサンマルクカフェが見える明治大学の建物(グローバルフロント)の7階です。着きましたら、1階受付に「7階リエゾンラボラトリーの想隆社へ」とお伝えください。GoogleMAP等で経路検索するときは、建物の住所である「東京都千代田区神田駿河台2-1」で検索してください。上記の住所は郵便物用の住所になります。