アクセシビリティサービス

図書館という公共性の高い場においては、コンテンツの提供方法もハンディキャップをもった人も含めた多くの人が享受できることが望まれます。
これまで文庫本と大型活字本と別々の本を購入し、準備する必要がありました。ICTを使えば、子供もお年寄りも視覚障がい者も聴覚障がい者も、同じコンテンツを使って「本を読む」ことができます。

as01

HTML5によりブラウザでの視聴が可能に!

デモ版URL:http://soryu-sha.jp/beta_service/web_daisy/

  • as02

    スタート時画面。
    始まりの位置をハイライトしています。
    速度や再生位置を指定することもできます。

  • as03

    再生中画面。
    現在読んでいる位置をハイライトしています。

Q & A よくある質問

Q人の声で録音した録音データを使って、マルチメディアDAISYを作ることはできますか?
A合成音声でなく、テキストデータとは別にそれを音訳した朗読データがある場合、通常のマルチメディアDAISYを製作することもできます。
Q合成音声ってロボットみたいな声なんでしょ?
A左のURLから音声を聞いてみてください。チューニングすることで自然な発話が可能となっています。
QHTML5形式とはなんですか?
AこれまでDAISYやEPUBはパソコンやタブレットに専用ソフト(リーダ)をインストールすることで利用していました。そのため、PCとタブレットで別々のリーダを使わなければならないこともたびたびありました。
HTML5形式は、PC、タブレット、スマホなどほとんどすべてのデバイスに標準でインストールされているブラウザを使うことで、どんなデバイスでもマルチメディアDAISYやEPUB3(メディアオーバレイ)と同等の機能を実現できます。
デバイスによってボタンの位置や操作方法が違うといったことに悩まされなくなります。
左のデモ用URLで実際に体験してみてください。

導入実績

公益財団法人 伊藤忠記念財団様

これまでマルチメディアDAISYは、人が朗読し、それをSMILEと呼ばれる音声と文字の同期をとるデータにするため大変な手間をかけて作成されていました。この過程を効率化するため、弊社が持つ文字データから合成音にて音訳化するする技術を採用していただきました。EPUB3メディアオーバレイ(DAISY4)やDAISY2形式でのマルチメディアDAISYの他に、DAISYリーダーが必要なく、ブラウザだけでマルチメディアDAISYを再生できる実験的な試みも行っています。

一般社団法人 電子出版制作・流通協議会様

一般社団法人 電子出版制作・流通協議会様はアクセシビリティにも取り組んでいる団体で、広報誌である電流協ニューズレターは音声やEPUB3、PDFなど様々なファイル形式で提供されています。想隆社は音声が付加されたEPUB3形式の制作を行っています。

as04