iOSアプリ開発

ネイティブ環境での開発

iOSでは、X-code上のObjective-Cで、AndroidはJava環境で開発を行います。ネイティブなObjective-C等で開発するため、安定して、お客様の細かい動作・機能にお答えすることができます。

クロスプラットフォーム開発

それほど複雑でなく、開発時間を急ぐ者については、PhoneGAP等のクロスプラットフォーム開発にて、iOS、Androidアプリを同時に開発できます。

導入後のPRも

アプリをリリースしただけでは、世界に何百とあるアプリケーションの1つにすぎず、APPストアで他のアプリケーションに埋もれてしまいます。
弊社では、ネット上のPRおよび、そのアプリケーションを使った実PRまでお引き受けすることで、制作後のご相談にも応じます。