研究開発RESEARCH and DEVELOPMENT

ITシステム、ICTシステムのR&D部門を持たない企業・団体様に代わって
新規技術、新商品の開発を行います。

  • 新規プロジェクトで使うICTシステムの開発
  • まだ技術的に成熟していないIT技術の実証実験
  • 科学研究費などで行う、専門性が高くオーダーメードでしか作れないシステム開発やアプリ開発

特長

大学研究機関が入居する施設での開発

弊社の拠点は明治大学のキャンパス内にある「明治大学研究成果活用促進センター」にあります。多重のオートロックによる入室管理、科学研究で使われるレベルでの個人情報等を含む機密情報の管理を行っています。詳細はこちらをご覧ください。


豊富な実績

海外の政府で使われる巨大システムの設計から、中小企業のWEBサイトまで大きなものから小さなものまで弊社は行っています。弊社は規模が小さいながら、フルスタックエンジニアを原則とするため、開発を社内だけで完結させ、通常の開発の何分の一のコスト、人員、時間で解決が可能となっています。


CASE-1
アクセシビリティに対応した電子書籍の普及促進
受託者:電子出版制作・流通協議会様

情報バリアフリー環境

総務省では、電子書籍に関する日本語の読み上げの調査研究・実証実験のプロジェクトを行い、弊社役員が主任研究員として本プロジェクトに参加しました。  /2017年終了
詳しくは総務省のサイトをご覧ください。

弊社の成果の一部(PDFが開きます)

CASE-2
LineBot モバイルアプリケーション:Wave中国語【游】

語学学習をサポート

東京都立大学らの研究チームでは、新しいICT時代の学びとしてスマホ用モバイルアプリケーションやLINE上のボットとして人工知能が語学学習をサポートする研究を行っています。詳細はプロジェクト実績からご覧いただけます。/2020年5月現在も開発中

  • 音声認識技術
  • 中国語の発音練習を学習者の発話波形から定量的に分析する仕組み
  • 学習者の学習過程や学習結果によって学習者一人一人に対してアダプティブな出題をする機能

などを解決しています。


Get it on Google Play